ドラム日和

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

好きこそ物の上手なれ

週末に初ドラム&初スタジオの予定のH村女史とのメールから・・・。

 

元々音楽好き、バンド好き、ロック好きな女史はドラムを叩けるのがとても楽しみとの事。

 

ただ、何から始めたら良いのか?何をどうしたら手足を使えるのか?と疑問だらけのようです。

 

 

ドラム・・・最初はほとんどの人がそうだと思います。

僕もそうでした。

 

田舎でドラム教室もなかったし、集合住宅に住んでいたので楽器なんて鳴らせない環境でもありました。

ドラムって楽器自体高価だったので持っている人も周囲に居ませんでした。

 

情報も乏しくて、ドラムの演奏が見られるのは音楽番組くらい。

ベスト10とかベストヒットUSA、ミュージックトマト・・あたりかな。

 

たまたま叔父の知り合いに吹奏楽で打楽器担当してる人がいて小太鼓(スネア)の叩き方は時々教えてもらってました。

 

それ以外・・・ドラムセットの叩き方は独学&我流です。

 

それでも何とかなるんです。

ただ「ドラム・音楽が好き」の一点で。

好きだから故に労力を惜しまず練習したり、悔しくても挫折しても向き合って続けられました。

上手か?は別の話になりますが、セッションで遊んでくれる音楽仲間と繋がれたりヘルプで混ぜてもらえるのも一点を見失わなかったからだと思います。

 

女史もドラムを好きになって続けて欲しい限りです。