ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

先日楽器店で

 ・横浜の某楽器店。
 購入予定もなく、何となく目新しいモノを探してブラっと立ち寄ってスティックコーナーで物色していました。
 スティックコーナーにはもう一人中年男性と外国人(多分欧州)の親子がいました。
 親子連れは子供さんのスティック選びに来ていたようで、気に入ったスティックを父親に見せては父親が真直やバランスなどを品定めして次の候補を子供が選ぶ・・・を繰り返していました。
 買うスティックが決まった子供さんは少しはしゃぎ気味で、レジへ向かう前に展示してある電子ドラムを少し叩いて遊んでいました。
 子供さんはノリノリで元気いっぱいに叩いていて音も少し大きくて周りは少し注目して(もしくは気になって)いて、父親は雰囲気を察してか少し気まずい顔で周囲を見渡していました。
 たまたま僕と目が合った時に元気なBoyを見ながら「グー!」サインで親指を立てると少し笑いながら軽くウィンクしていました。


 そしてBoyが叩き終わり父に連れられてレジへ・・・。


 少し微笑ましい気持ちになり、周りが少し静かになった所で20代前半と思われるロン毛のお兄ちゃんが来店するや否や電子ドラムを力任せに叩き始め5分程叩いてそのまま楽器は一切見ずに店を出て行きました・・・・(何だったんだろ??スゴイ騒音でした。)


 ・お茶の水の某楽器店
 スティック選びで訪れた時の事です。
 普段使いとは違うスティックの感触を試したくて色々なのをパッドを叩いて感触を確かめていたら30代と思しき夫婦と5~6歳くらいの男の子の家族が店に入ってきました。
 この家族も子供さんのスティック選びに来店したようで、スティックが決まると父親が熱心に電子ドラムについて店員さんに聞いていました。
 多分子供さんへのプレゼントでしょう。
 子供さん、多分ですが発達障害があるようで所々で症状を見せていました(知り合いに同じ症状の子供さんがいるので・・・)。


 父親の話が長くなり、退屈した男の子が店内にあるシャンベ(ラテン楽器:手で叩いて鳴らすヤツ)を叩き始めました。
 コチラは電子ドラムとは違って思い切り音量が出る生楽器です。


 それが、スゴイ良い音でノリの良いリズムで叩くんですよね。
 子供だから・・・とかってひいき目や色眼鏡なしで相当上手に叩いてました。
 ラテン楽器って叩き方に少しコツがあって上手に叩かなきゃキレイに鳴ってくれないんですよ。
 見事に叩きこなしていてリズムも良くてホントに驚きました。
 あれが「才能」ってヤツなんだろうなぁ・・・と思っていました。


 どちらの楽器店も狭いお店ですが、少しの間居ただけで色々な人がいて面白かったです。
 街は退屈しないですね。


 そして打楽器やってる人って面白いです。