ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

スティック折れの話

 たまたまブログ村のログを見ていたらずいぶん前に書いた「スティックは折れるもの」がいまだに読まれている事に驚きました。



 読み返してみて・・・まぁズーっと変わらず思っている事が書いてあって、それは今でも変わらないな・・・って印象でした。


 改めて書きますが、「(木製の)スティックは折れます」。
 時々スティックを折る事が悪い叩き方のような内容の記事を見かけますが、それは違います。
 スティックはヘッド、ギターやベースの弦と同様に「消耗品」です。


 10畳くらいの部屋でお互いの音がハッキリ聴こえるくらいの小音量でしか演奏しないのであれば「折れづらい」のは間違いないです。


 但し、同じモデル(材質・長さ・太さが同じもの)の中に折れやすいものが混在している事は間違いありません。
 

 では、折れやすいものとは?
 ・木目が全長に対して斜めや横に走っている物(定説ですね)
  しなりによって繊維が木目に沿って裂けるので割れが起こりやすいです。


 ・重心が極端に先端・根元(グリップ側)に寄った物。
  先端に寄っている物はリムショットの際に耐性以上にしなる事がるので、折れやすいです。
  根元側に寄った物・・・・コレは振った感触が軽くて扱いやすい印象ですが、先端側が軽い=先端側の繊維の密度が低いとなり、軽さゆえにショットの速度が上がりやすくコレも耐性以上に反ってしまう事があります。
 とは言え、大抵のスティックは先端か根元に重心が寄っている物です。
 他のモノとの比較で、極端に振り心地が軽かったり(重心が根元側)、重かったり(重心が先端側)するものは避けた方が良いです。


 が有るもの
  節というのはとても硬い部分で、最も伸び縮みしづらい部分でもあります。
  ショットの衝撃でスティックが反っても節の部分だけは反らないので、周囲の繊維と断裂してしまいます。


 最初から反っている物
  コレは論外・・・折れる以前に叩き心地が気持ち悪くてダメです。


 ・・・・こんな所でしょうか。


 失敗しづらいスティック選び
 ・木目が全長に対してまっすぐ縦に入っている物。
 ・節の無い物。
 ・重心が極端に寄っていない物。


 僕のスティック選び方。
 楽器店では秤(ハカリ)を置いている店が増えていますので、利用します。


 まずは目視で木目の向きと節の有無を確認します。
 平らな所に水平にスティックを置いて反り(曲がり)の確認をします。
 ハカリを使って1本ずつ重量を計ります(同じ若しくは近い重量のセットを選ぶ)。
 ハカリの皿にチップだけを引っ掛けて(グリップ側は台などに接地している)先端側の重量を計ります(先端側に重心が有るものは重くなり、グリップ側に重心が有るものは軽くなります)。
  当然ですが重量が同じか近い物を選びます。
  ・・・・これで選びます。


 最後の作業が意外に感じるかも知れませんが、これで振った際のバランスが分かります。
 この方法で選んでますが、リムショット多めにしていても滅多に折れません(折れづらいです)。


 前回書いた「芯折れ」の見分け方については文章での説明が難しいので、今回は省きます。
 どうしても知りたい方はメッセージ等々で問い合わせてください。
 

ぬぁぁぁ・・・

 腰痛気味です・・・ってか、しっかり腰痛です。
 先週末に発生して、只今全力で治癒中です。
 鎮痛消炎シップを貼って腰痛ベルト(スポーツ用)を巻き、鎮痛剤を飲んで仕事に行っています。
 
 ドラムとか色々書いていて、健康そうに見える(ブログって見えるモノなのか?)かも知れませんが、実際満身創痍です。
 結構全身ヤバいです。
 腰椎分離症、複数個所の椎間板ヘルニア、膝の皿も損傷、右手もケガ前のようには動きません(全部古傷です)。
 それでも音楽(ドラム)を続けています。
 やっぱ好きですから。
 再開から再認識というか、より深く認識しました。
 
 なので、音楽には出来る限り全力で向き合います(そうは見えない事もあるようですが)。
 と同時に他の事にも全力で向き合っています。
 
 腰痛で、起き抜けとかヒドイ痛みですが、動き始めると何とかなる感じ(薬のお陰でしょうかね)なので仕事を始めとして日常の事は一切遠慮なしで行動しています。
 音楽(ドラム)も演りますが、同じくらい日常生活もやります。
 
 ありがちですが、ドラムは叩くけど仕事は腰痛を口実にセーブしたり休んだり・・・そんな事はしません。
 自分の中のツジツマが合わなくなります。
 
 だから・・・治りが遅い(^-^;
  
 でも絶賛治癒中・・・(「そのうち治るよ」的な思考)なので、今週末は引きこもろうか思案中です。

ドラムは疲れる?

 ネットを見ていて面白いテーマを発見しました。
 「ドラムを叩くと疲れる?」と「ドラマーに体力は必要?」ってテーマでした。
 同様の内容のサイトはたくさんあり、疲れる派、疲れない派共に賛否ありました。


 疲れる派の理由
 ・身体を使う
 ・頭も使う
 ・一打一打をコントロールするんだから当然
 ・音量を出す事も多い・・・などなど。


 疲れない派の理由
 ・リバウンドを使うので腕の振りは必要ない。
 ・スティックの重さだけで音量は稼げる。
 ・ペダルは足も落とすのみで踏み込む必要は無い。
 ・ただしヘビーメタルやスラッシュメタルなどの爆速は別・・・などなど。


 面白かったので僕なりにも考えてみました。


 結論は「一概には言えない・・・結論なんて出せるの?」でした。


 慣れた曲をいつも通り叩くだけなら体力が必要って程は疲れないでしょう。
 例えば定番の曲を持つバンドが週2回の練習を1年間やるとして、1回の練習で2回り演ったとしたら年間で200回り以上は繰り返して演奏する事になります。
 このレベルくらい慣れると1回しの演奏で疲れは感じないと思います。


 ところが慣れない曲を演奏すると疲れると思います。
 あまり知らない曲を楽譜を頼りに演奏となるとすごく疲れます。


 僕が個人練習で曲を流して叩く時、慣れたレパートリーを叩く日は2時間練習しても疲れを感じる事は少ないです・・・いや、時々疲れてます。
 ところが、ある日思い立って全く違う(普段叩かない)曲を並べて叩くと疲れます。
 クリックに合わせてジャストで叩き続ける時はもっと疲れます。
 また、初めて顔を合わせるメンバーと音合わせをすると疲れやすいです。
 そして、演りなれない曲やジャンルの時は凄く疲れます。
  
 ・・・僕は疲れる事の方が多いです。
 


 日常的にセッションやライブ・レコーディングなどをこなしているスタジオ系のプロは慣れもあり、疲れは少ないと思います。


 という事で僕なりの考え・・・・。


 疲れるドラム
 ・慣れない環境で叩く時
 ・頭や気をおもくそ使う時
 ・初心者など力加減が上手く出来ない人


 疲れないドラム
 ・いつも通りのドラムを演っている時
 ・一定の音量で単調な事の繰り返しの曲
 ・どんな曲でもスタイルを変えずに叩く人
 ・超器用でテクニシャンな人


 ・・・つまり、時と場合と人次第だと思います。
 


 それと体力(筋力)は必要か?ですが、少なくとも持久力は必要です。
 そして速めの曲で瞬間的にアクセントを入れたり抜いたりするプレイでは瞬発力も必要になります。
 pppとfff が繰り返すような曲(あんま無いですけど)だとスゴク必要になります。
 まぁ・・・アクセントと言っても程度に依りますけど。
 だからと言ってマッチョな筋肉は必要ありませんよ。
 繰り返しの練習で自然に身につく筋肉で十分です。
 
 という事でコチラは「無いよりは有った方が良い、ただし無駄な筋肉は必要ない」と思います。
 
 では・・・・・。

PONTAさん

 今日はネタなし・・・。
 なので・・・という訳ではありませんが、PONTAさんのライブテイクから特に好きなのを紹介します。



 PONTAさんのバンド PONTA BOX のライブ動画です。


 個人的に「圧巻だ!」と思ったのはラストの曲「Fifteen」のスティックワークです。
 マレットを使っての演奏ですが、後半はマレットを逆に持ちスティックのような使い方をしています。
 何よりスゴイのが抑揚の付け方です。
 優しさと強さとキレが混在していて圧倒されます。
 シンバルワークも素晴らしくて、色々な叩き方で音色をコントロールしています。


 ドラマーさん必見です。

夏のライブ~思い出編~

 7/14のライブについて昨日のブログに書きました。
 主に機材についての内容でした。


 書きながら「そういえば・・・」と昔のライブを思い出していました。
 今日はそんな中から「えっ!?」って事を書いてみます。


 ペダル事件
 ペダルの調整にあまり詳しくなかった頃の事でしたが、それでもそれなりにバネ調整等々やって踏みやすく感じていたペダル。
 リハが終わり楽屋へ戻ると、何度か見た顔のドラマーが「すみませんペダル貸してもらえませんか?」と。
 据え置きのペダルじゃ踏みづらいらしい。
 よく考えもしないでOKして、彼らのリハ前にペダルを渡して買い出しに出かけました。
 戻ってくるとリハが終わった彼がペダルのアチコチを弄り倒してました。
 「!?」と思い問いただすと「こっちの調整の方が踏みやすいんですよ・・・僕」と・・・・。
 ライブ当日に借りたペダルのセッティングを弄るかね・・・・とあきれてしまいました。
 彼らの出番が終わってから猛スピードで再調整しましたが、元通りにはならず違和感いっぱいでライブを行いました。
 当日の貸し借りは二度とやらない!と誓った出来事でした。


 あ、同じような事でスネアを貸してヘッドを破かれた事もありました(↑ の彼とは別の人です)。
 ヘッドの予備も無く、時間も無かったので代わりを買いに行く事も出来ずに据え置きスネアでライブやりました・・・・。


 まぁ、ドラムの持ち込み機材ってギターのエフェクターのようなモノだと思います。
 エフェクターの貸し借りってあまりしませんよね。
 持っている人は使えるけど、持っていない人は持っていないなりの演奏をする。
 機材ってそういう物です(貸し手・借り手の人間関係・信頼関係にもよります)。
 


 気温差事件
 コレはドラムじゃなくて弦楽器の話です(過去に書いたかも・・・)。
 真冬の野外ライブでの事。
 イベントの一環のライブだったのでキチンとした控室も無い環境でした。
 ホントに寒くて本番直前までジェットヒーターの前で暖をとっていたメンバー(楽器持参で)。
 本番が始まって極寒なステージに出て1曲目でギターもベースも弦が切れるって事件発生。
 温度差で弦が収縮してテンションに耐えられなくなったようです。
 音がグチャグチャなまま1曲を終えてギター氏とベース氏は張り替えでソデへ・・・。
 環境に慣らしてからチューニングを終えるまで少々時間がかかり、ボーカル氏は繋ぎのM.C.で四苦八苦していました。


 ・・・難しいですね・・・コレは。
 僕はインナー2枚と厚手のシャツ、更にトレーナー&ダウンジャケットの着ぐるみよりも暑苦しい服装で叩いていました(それでも寒かったです)。


 
 そういえば新宿のライブハウスに据え置きなSONORのセット・・・良い音してたなぁ・・・。
 も一回叩きたいです(^-^;