ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

隠れた名器 DB-150

 現在使用中のドラムビーターのレビューです。
 Pearl社製の比較的安価なペダルに標準でついています。
 単品の小売価格も全メーカーの中でも低価格品の部類に入ります。
 

手持ちの画像じゃ見づらいので製品画像を・・・

 デュオビートという商品名の通り打面が2か所あります。

 片面はハードフェルト、裏面はプラスティックで出来ています。
 ビーターボールの内部からシャフトの付け根まで防振ゴムが取り付けてあります。


 踏み込んだ感覚は一言で「軽い」です。
 フェルト面
 音量は小さめです(経験上の主観です)。
 音質は優しくて割と下の方がでます。


 プラ面
 普通に音量は稼げます。
 余程大きな音が必要でない限りは不自由しないでしょう。
 音はやや硬めですが、ヘッドに当たる「バチ!」っていう音は目立ちません。
 硬いながらも下もシッカリ出てくれて音のバランスが整った印象です。


 返り
 老舗のPearl社製品なのでしっかりしたシャフトのお陰もあり良いです。
 ビーターヘッドが軽いのでレスポンスは速めです。


 このビーターのユーザーレビューを読むと「胴鳴り」ってワードが出てきますが、良く考えられたワードだと思います。
 Pearl社ビーターの売りの一つである「防振ゴム」が効いていてアタックと同時に本来ならすぐに跳ね返るはずのビーターのパワー(威力)がヘッドに押し付けられる感じでヘッドからの反発だけじゃなくヘッドからシェルやフープにしっかり力が伝わり、フープとシェルの固定を利用してヘッドのテンションギリギリから反発するような音が出ます。
 ・・・・言葉にするとビーターが跳ね返るまでが長い時間に感じますが、一瞬ですよ。


 こういう音が出るには相当重いビーターじゃなきゃ無理なんですが、この軽さで実現してしまうのはスゴイ事だと思います。


 先代ビーターのCB90のプラ版だとバチバチとヘッドのアタックが前面に出ますが、コチラのプラ版は低音も出せます(チューニングに依存する部分はありますが・・・)。


 総じて僕の好みの音やレスポンス・軽さを実現できるとても好みのビーターです。


 お勧めユーザー
 シングルチェーンやベルトタイプのペダルを使っている人。
 とにかく軽さを目指している人。
 ビーターにお金をかけたくないけど、音はまともに欲しい人。
 ビーターマニアの人。


 単にアタックや音量だけならCB90Fでも行けます。
 低音重視とそこそこの音量ならB-300Fでしょう。
 このビーターは両立・・・・とまでは言いませんが中間的な使い方が出来る上に、抑えた演奏の時はフェルト面にするだけで対応できるって利点もあります。


 以前は割と重めのビーターを使い続けていたので今でも踏み始めは若干力を入れ気味にしてしまうクセが残っていますが、6711DB-DDとDB-150の組み合わせでプレイできるようになったので力を抜く練習をしています。


 とは言え最近はサードパーティー・・・特にビーター専門メーカーのビーターが良いらしく、そちらに換える人が増えているようです。
 ペダルは本体の調整以外にビーターの変更で大きく音が変わるので興味のある人は調べてみると良いです。


 今はDB-150が最もお気に入りで当分は他が気にならないと思いますが、過去に試奏して気になったのはAxisのSonic Hammer Beaterだけですね。
 このビーターやAxisってメーカーを出すと「メタル?」と思う人もいるかと思いますが、Sonic Hammer Beater は ハード系以外にも幅広く使える良くできたビーターです。
 アタック重視って所は否定しませんが、低音もニュアンスも素晴らしく表現してくれます。
 DB-150とはキャラが違うので、今のところは必要ありません。
 今の僕のスタイルや叩き方はDB-150にマッチしています。
 


 <<誤解の無いように追記>>
 胴鳴りや下の音(低音)など出る製品が良い製品という指標ではありません。
 個人的なニーズに合っているというだけで、アタック重視のドラマーさんや製品にモノ申すという意味ではない事をご理解ください。

昨日は雪で大変でしたね(^-^; &スネアのお手入れ


 関東全域の雪は珍しく都市部は交通網が大打撃を受けていました。

 僕の住む街にも雪が降り、道路が真っ白になっていて少しアガりました。


 僕は北国出身なので懐かしい気持ちもあり、今朝の通勤も楽しいものでした。


 昨夜~今朝にかけて苦労なさったみなさんお疲れさまでした。
 幸い我が職場の昨日は雪による交通網の乱れを予測して午後3時で終業して帰宅しました。
 我が家への交通は時間の早さもありスムーズに帰宅でき、時間があったので先日引き上げてきたスネアのお手入れをしました。


 
 件のPearl社製のスネア MMX1440ST/Cです。


 このスネア、Webを探しても情報がありません。
 どこを探しても見つかりません。
 中古販売にもありません(キャッシュはあるようで表示されかける事があります)
 Pearlアメリカのサイトで歴代のカタログや価格表のPDFがダウンロードできますが、どのページにもありません。


 日本と米国(欧米)では型番の付け方が違った時代もありますが、どちらにもありません・・・なぜだろ??
 パイロット品だったのかな??
 同じような仕様のスネアはありますが、銘板が違ったり細かなパーツの違いがあったりします。
 ・・・・・・チト気になったので調べてみた結果です。
 購入当時は音が気に入り過ぎていて(試奏で完全に惚れました)細かな事を知らないまま所持していたんですよ。


 ま、イイけど・・・
 今更仕様だとか色々知った所で何も変わらないですからね。


 ホントに気に入った逸品で、試奏した一打目で心を奪われました。
 無駄な余韻が無く、キレがあり強めにチューニングしても金属的な音が出ない。
 シェルがシッカリ鳴っているからでしょうね。
 チューニングに素直な音で低くすれば低いなりに、張れば高いなりに・・・でもシェルの個性を保ったまま鳴ってくれるんですよ。
 深さの無いスネアは時としてフープに負けて金属的な音がしがちですが、皆無です。
 オープンリムショットをしてもキャラクターは変わらず強烈な抜けの良い音で鳴ってくれます。
 そしてスナッピーのレスポンスが速いのでスゴイ切れがあります。
 その分プレスロールなどは技量が必要になります。
 ま、クラシックで使うスネアにもピッコロがあるくらいですからロールに向かないって訳ではなさそうです。


 で、お決まりの全バラしました。
 リム・スナッピーとヘッドを外して内部のホコリや汚れを取り去り。
 更にラグその他シェルに付いている物を全部外して全部拭き掃除。


 シェルは乾拭きが基本です(木製ですからね)。
 頑固な汚れは家庭用・・・家具に使える液体洗剤を薄めて拭き取ります。
 洗剤残りが無いようにしっかりと乾拭きもします。


 金属部分はパーツクリーナーで清掃します。
 ボルトは1本ずつネジ山まで清掃します。
 グリスっぽいのが黒く付着している事がありますが、黒いのは全部汚れです。
 その中に金属片など硬い物が混じっているとラグやネジの山を削って緩みやすくなってしまいます。
 ウェスやペーパータオルにパーツクリーナーを染み込ませて、ボルトのネジ山部分を握りながらボルトを緩める方向に回転させるとネジ山に沿って汚れが取り出せます。
 ※メッキ部分などはクリーナーの種類によっては曇ったりするので、端っこ等目立たない所で試すのが吉です。

 組み立てはネジの締め付け具合に気を付けて取り付けます。
 特にラグなどシェルに直接ねじ止めする部品は、締め方が緩いと外れやすくなり、締めすぎるとシェルが変形したり壊れたりします。
 慣れないと外れる心配が先に立って締めすぎがちなので、気を付けましょう。


 加減はネジを緩めた時の感覚を覚えて、取り付け時にある程度締めたネジを緩める感覚が近いところを狙います。
 慣れない時はラグを1つだけ外して清掃して取り付け時に隣のラグを緩めて締まり具合確認しながら取り付けると失敗しないです。
 慣れると締め具合を覚えます。


 後はヘッドを取り付けてスナッピーを取り付ければ完了です。


 すっかりキレイになったスネアを見て頬が緩みっぱなしな昨日でした。
 早くスタジオで叩きたいです(^^)

小室哲哉氏引退に想う

 今日はドラムやバンドねたじゃありません。


 アーティストの小室哲哉氏が引退表明をしました。
 きっかけは今話題なので書くまでも無いですが、週刊文春が掲載した不倫疑惑記事による騒動の責任をとって・・・との事です。


 今日のブログは色々思う処を書き、長文になります。
 僕自身は小室哲哉氏のファンではありません。


  
 スゴイ才能の持ち主でした。
 ライブパフォーマンス然り、作曲の能力然り、時には作詞もしていました。
 自身のパフォーマンス以外にも多くのアーティストへの楽曲提供もしていました。


 昭和~平成にかけての音楽ムーブメントを作った一人である事は間違いないです。


 彼がいなければ確立しなかった音楽ジャンルがあります。
 彼がいなければ確立しなかったパフォーマンス形態もあります。
 クリエイティビティにかけては唯一無二の存在でありました。


 T.M.N.やglobeでの活動を中心に安室奈美恵さんを始めとして華原朋美さん、鈴木亜美さん、TRFへの楽曲提供。
 渡辺美里さんへも曲を書いていましたね・・・大ヒット曲のTeen age Walkとか・・・たくさん。
 X Japan のYOSHIKIやダウンタウンの浜ちゃんともユニットをやっていました。
 テレビに積極的に出る事もなく、音楽で勝負してきた人でした。


 その彼が引退を決めたのは所謂ゴシップ記事。
 本当に残念な引退でなりません。


 出版社に対してネットを中心に誹謗や抗議の意見も広まっています。
 
 僕も抗議したい一人であります。
 


 世の中の天才と呼ばれる人ってどこかダメな所・・・ダメと言うか世間的な常識と外れた部分があるんですよ。
 あ、小室哲哉氏が天才か?と本当に不倫したか?は別にして才能に溢れているという意味のみで含めます。
 芸能や職人として生きている人でマジで人生賭けてやっている人もそういう部分があります。


 そういう人達は「人生賭けた本業」以外は全部が些末な事でしかないからです。


 お金だったり異性関係だったりギャンブルだったり、暴力だったり思想的な事だったり・・・
 それらは一般人からみると困っちゃう事なんですが、多分大した事とは思っていないんですよ。


 常人(一般的な常識の中で生きている人)には到底理解できない感覚や思考です。
  
 そういう人は破滅するまで一芸に没頭するんです。


 途中で辞めて平穏な安定人生を選ぶ人は「そういう部類の人」には含まれません。
 人生を賭けるってそういう事であり、そういう事が出来ない人は命も人生も賭けてませんからね。
 注)一般人が困った事をやる人の全てが才に溢れた人とは言っていません。
   誰も及ばない、誰も認める秀でた一芸があり命がけで研ぎ澄ましている人のみです。
  
 なので天才と呼ばれる人に対して一般的な常識で悪者だ非常識者だと論うのは少々間違いです・・・中には聖人君主もいるかも知れませんが。


 何十万、何百万、何千万、果ては何億人に影響を与えるほどの人が、多少道を外れたからと言って目くじら立てる必要は無いと思います。
 ただ何をやっても良いという訳ではありません。
 「人として」・・・って判断基準です。
 決して「日本人として」ってチンケな基準じゃないです。


 常識の違いは明らかで、例えば自分の作品(何でも良いです、画でも書でも写真でも主張でも小説でも)を発表するのに数億の借金をして発表する気概があるでしょうか?
 赤字が出たら丸被りする覚悟でです。
 自分の作品が通用するかどうかわからないまま海外で販売をする判断をできるでしょうか?
 例え出来なかったとしても、本当に才が認められた人は周りがそういう処へ押し上げてしまいます。


 芸能の世界ってそういう場所です。


 誤解の無いよう書きますが、単に粋がっている勘違いな人はそこまで到達できないし、桁外れに大きな成功はしないです。
 せいぜい小さな輪の中でお山の大将やっているのが関の山です。


 そんな枠に収まらない人に対しても一般的な常識や善を押し付けているのが現代社会であり、出版社であり視聴者でもあります。
 そういう押し付けがましいルールがまかり通りだしてから社会が小さくなった気がします。
 破天荒って言葉が軽くなり、桁違いって言葉の桁数が減りました。


 みんなが善人じゃなきゃいけない社会。
 波風の無い社会。


 僕にはそういう社会が健全だとは到底思えません
 


 才に溢れた人が集団によってつぶされる社会・・・つまんなくないですかね?
 儲かっている芸能人が社会の好感度を気にして収入が少ないフリをする・・・バカバカしいです。
 自分の才で得たお金で広く大きな家を買って自分の才能が発揮できる場所を作り更に進化する・・・そっちの方が芸事や才能を求められる人には必要な事でしょう。
 それが堂々とできない社会の仕組みは歪でしかありません。
 まぁ・・・だから本当に突き詰めたい人は海外に住んだりするんでしょうね。
 
 週刊文春が記事にした事ってそういう事なんですよ。
 記事の内容はともかく、芸能って社会や天才って種類を理解していない記者が自分の常識を押し付けて「庶民の皆さんどうですか?この人の行動!」って声高に訴える事。
 


 ただね・・・・コレは庶民にも責任があるでしょ。


 自分自身には何の関係も無い他人の下半身事情を覗き見ては喜んだりこき下ろしたりしてるんですから。
 何より、そういう記事が載った週刊誌や雑誌が売れるんだから目先の金や数字しか見ていないジャーナリスト」は記事にしちゃいますよ。
 出版社だって売れてナンボの世界ですから、喜んで売りますよ。
 


 こんな事(ホントにスゴイ人の引退とか)が無いようにするには、購買層の意識の高さが必要なんですよ。
 安っぽい三面記事じゃ売れない社会になれば、こんな事は起こらなくなるでしょう。
 


 そして、小室哲哉氏。


 彼が引退を決意した本意ってなんでしょうね?
 騒ぎの責任って話ならこんな些末な事で引退する前に著作権売買の事件の時に引退していたでしょう。
 自身の能力の枯渇を報道する番組もありましたが、そうなんでしょうかね。
 あんなに音楽が好きで、演奏も作曲も好きな人が枯渇が理由って考えづらいです。
 麻痺してしまい、曲をお金に換える事件を起こしはしましたが、今は違うでしょう。
 芸能界を引退しても、きっと今まで変わらないレベルの曲を作って演奏しているでしょう。
 インディーズもしくは、近しい仲間内ででも。
 あ、でもアレか・・・売りたいレベルの曲が作れるか?となると話は別ですね。


 思うんですが、こんな事(不倫「疑惑」)程度の事で大々的に記事にされ、全国に知らされるような社会と芸能界に嫌気がさしたんじゃないか・・・と。
 完全な主観ですので、「ソースは?」とか「物証は?」なんてくだらない事は聞かないでください。
 


 あと、彼の引退に際してゴチャゴチャ言っている有名人もいますが、自分の腰掛生活と一緒にしないでください。
 一本でやってきた彼と有名人ってカテゴリーの中で計算しながら身の振り方を変えてチョロチョロやっているあなたとでは「土俵が違います
 


 本当に残念な引退ですが、彼が決めた引退なら静かに送り出してあげましょう。
 小室哲哉氏のこれからの人生が静かで穏やかに過ごせる事を祈ります。

Gibraltar SC-DC Hi Hat Drop Clutch 登場!

 今日スタジオで使ってみました。

クラッチが働いた状態です。
 

ハイハットトップが落下した状態です。
カギがハイハットトップから外れています。
 

ロック状態の横からの画です。
ハイハットペダルを踏み込むとこの状態に戻ります。


 見ての通りDWの製品に似ていますね。
 Gibraltarの製品にはハイハットトップ側のクラッチにネジ穴が無いので見分けるのは簡単です。


 使い勝手はやはりDWの製品と酷似した感じです。
 ハイハットを落とすのも固定するのも同じような感覚でした。


 ただし、このSC-DCはロック状態の時のハイハットの挙動が抜群に良いです。
 ハイハットを挟むフェルトは上下共にハードタイプで硬めです。
 もう一か所レバー部とトップ側のクラッチの間にフェルトが取り付けられていてハイハットペダルを踏み込んだ際に金属同士が衝突しない仕組みになっています。
 その影響か・・・・は不明ですがクローズ状態の押さえる感覚がソフトでハイハットのクローズ音に締まりがでました。


 スタジオのハイハットはボトム側のエッジが波打っている(ZildjanのAカスタム??)ので油断するとガシャガシャ鳴りますが、「ギュッ!」と押さえられているようにキレの良い音がしていました。
 ドロップ金具分の重量がハイハットトップに加わってペダルを踏む力が少なくて済むという事もありますね。


 あと、トップを落とした状態からペダルを踏み込んで固定する際もクラッチ部とレバー部の金属がぶつかる音が鳴らないという利点もあり。


 帰宅後の動画確認でもやはり素晴らしい音でした。
 

今日も6711DB-DDは快調に動いてくれました。
帰宅後はしっかり掃除しました。

友の新しい門出。

 今日は都内在住の旧知のピアノさんのトコへ行ってきました。


 件のピアノさんは不定期に音合わせをしていた人でした。
 自宅でピアノ教室を開いていて、そこは半地下の部屋にピアノと子供が使うミニドラムが置いてあり防音工事がされた小さなスタジオのような造りの教室でした。


 音合わせも専らそこのミニスタジオで・・・音合わせと言うかリズムアレンジのアイデアを出し合ったりしながらピアノさんの曲作りのお手伝いをしていた感じでした。


 曲は殆どのパートをキーボードで演奏し録音したモノにピアノのみ生演奏で重ねる(アドリブ多め)感じで、機械ドラムが苦手というピアノさんの要望で僕はクリックを聴きながらミニドラムを叩いてのプレイで合わせていました。
 それと同じ形で演奏したライブのお手伝いで2度ほど叩きました。


 そしてピアノさん。
 今年からビートを省いた曲で演る事にしたようで、音はストリングスと管楽器、それとパーカッションを打ち込みで鳴らしてピアノを生で演奏する形でした。
 少しポピュラー路線から外れたくなったようです。


 そんな話があり、今日はミニスタジオに置きっぱなしにしていたスネアを引き取りに行ってきました。
 ま、悲しい別れとかでもなくこれからも事あるごとに連絡を取り合うでしょうし、ピアノさんの長男がドラムをやっていて時々ドラムだけでスタジオ入って遊ぶ約束もあるので これからは応援する側からピアノさんの音楽活動を見続けようと思います。


 このスネア・・・ブログ初登場です。
 画像等々が無かったのでブログに登場していませんが、CS1450(チャドスミスモデル)よりも遥か前から持っていたスネアです。
 PearlのMMX1440ST/Cです。
 メイプルシェルの14インチ x 4インチ。
 Masters Customシリーズのダイキャストフープのモデルです。

↑ コレです。
 厚さが4インチでピッコロスネアになるのかな??
 ヘッドはトップ側はREMOのEMPEROR SUEDEに換えていてボトム側は標準です。

 

 薄いスネアはレスポンスが速い代わりに余韻が無くなりがちですが、トップ側を薄めのヘッドに換えたので響きを拾ってくれます。
 ミュートを乗せると余韻が殆どないアタックとシェルの鳴りがシャープに抜ける音になります。
 ピッコロスネアにありがちな音量の弱さも無く、すごく使いやすいスネアです。


 今はもう廃盤になったモデルですが、音作りがとてもしやすくて、マイク乗りも良いおススメのスネアです。
 程度の良い中古があれば持っていても損はないと思います。


--------------------------------------------------------


今日の発見!
 今日は都内へ出向いたついでに渋谷の楽器店を見てきました。


 初めてイシバシ楽器の渋谷WESTへ行ってきました。
 思ったより狭かったです(^-^;
 イシバシ楽器は中古楽器も含めて数が豊富で見ていて飽きませんでした。
 スタッフさんが親切でした。


 KEY楽器も・・・というか渋谷の楽器店は初めてです。
 KEY楽器ではジャンク部品の箱にドロップクラッチのハイハットトップを受ける側が100円で売られていました。
 ココ・・・面白いです。


 イケベ楽器村のドラムステーション
 渋谷で3軒見た楽器店で一番静かな店でした。
 ん~・・・・ぶっちゃけもう行かないかな・・・。


 その後、アキバへ出てイケベ楽器ドラムステーションリボレ秋葉原へ行ってスティック買って来ました。



VIC FIRTHMJC4 てモデルです。
 材質はメイプルで、サイズは416mm x 15mmです。
 新しいModern Jazzシリーズのスティックです。
 すごく長いです。
 試しにパッドを叩いた瞬間 「あれ!叩きやすい!!」と驚きました。
 長いスティックは取り回しが厄介なので406mmくらいまでしか使わないんですが、バランスが絶妙でコントロールが滅茶苦茶しやすいです。


 イシバシ楽器渋谷WESTで見つけてスゲー気になっていて、購入に迷いながらKEYと渋谷のドラステに置いてなくて、リボレ秋葉原で再度発見したので結局買ってしまいしました。


 暫く基礎練習専用に使ってみようと思います。