ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

いい歌

 最近暑い日が続いて今が5月だって事を忘れてしまいます。
 地元の北海道では桜が見ごろ・・・春まっさかりです。


 春には春っぽいさわやかな曲を聴きたくなります。
 そんなことを考えつつYouTubeを漁ってると・・・・。



 一青窈さんと渡辺香津美さんコラボの 「ハナミヅキ」です。
 久しぶりに聴き一青窈さんの声の良さを再認識しました。


 やっぱ歌はイイですね。


 今日は一曲のみ紹介しました。

献血

ドン!!
 いきなりですが、献血に行ってきました。
 献血の粗品で「ふりかけ」をいただいてきました。
 

↑ コイツです。
 コレはどういう表情なんだろ?
 痛いのか?叫んでいるのか?しかめっ面?
 たくさんあった中からこの微妙な表情のを選びました。
 ヒヨコにこんな表情させるとは・・・丸美屋さんシュールです。
 この表情を見ながら夕飯をいただきました・・・味は普通でした。


 横浜の街を歩いて来ました。
 連休に入ってからゆっくりしていなかったので、ブラブラと。


 雨の予報だったので夕方近くに帰宅して今日はノンビリしています。
 
 
今日はドラム音楽ネタなしでした。
 

ドタキャンからの~

 今日セッションを予定していたメンツから午前中に連絡が入りました。
 「スタジオが押さえられない・・・」だそうです。
 当日に予約を入れるつもりだとは思っていなかったので機材をしっかり準備したタイミングで・・・・ドタキャン(*_*;


 ん~不完全燃焼・・・はイヤなので個人練習をしようと調べてみるとクラウドナインスタジオ横浜北口店が押さえられたので機材を持ってGo ! しました。


 京急線で事故があったらしく電車が遅れましたが、早めに自宅を出ていたのでギリギリ間に合いました。

 
 ん~やっぱ重いんだなぁ・・・。
 運搬だけで結構なダメージを喰らいます((+_+))
 歳だなぁ・・・ダメージが取れるまで30分くらいかかるので音出しの頭の方は結構グダグダなドラミングになります。
 さりとて30分以上前にスタジオへ行っても邪魔になるだけなので・・・・。


 今日は一切の加減ナシで叩きまくってきました。
 いつもはゆっくりウォーミングアップをしながらスティックワークを入れたり基本的なリズムを叩いたり~から曲の練習に入りますが、今日は軽くスティックワークをやったのみで曲を流しながら原曲とは違うドラムアレンジで叩いて来ました(ノリは崩していません)。


  ”なんちゃってCB900AS” の本領を聴きたかったのでツーバスもガンガン入れて試してみました。
 ただ、1度の練習でポップス・ロック・ボサノバ・サンバ・ハードロック・・・・etc.
 色んなジャンルを演るって結構大変でした・・・音の加減が全然違うので・・・・。
 でも楽しかったです。

 
 今日のドラムセットは Pearl のCMシリーズでした。
 バスドラムのフープのペダルを咬ませる部分にゴムの保護が付いていました。
 コレ・・・厚いんですよね・・・ペダルが入りづらくて苦労しました。
 IronCobra の時も苦労しました。


 イヤモニ越しに聴こえる音は多分バンドで出す音量とバランスが近いと思うので音で合わせると先日感じた長い残響もさほど気にならない感じでした。


 そして帰宅。


 完全に疲弊していました・・・もークタクタ・・・でも動画のチェックをキチンとしまいた。
 Pearl の CMシリーズは良く鳴りますね(*^^*)


 あ、今日スタジオに某プロドラマーが来ていました。
 個人的に来ていたようなので名前は伏せますが、待合で一緒だったのでスネア談義で盛り上がりました。


 今日も楽しい一日でした・・・・でも疲れました(*_*;

今日もゴチャゴチャやってました。

 連休を満喫してますか?
 お仕事の方々はお疲れ様です。


 僕も世間的な例にもれず連休中です。


 今日は昼間に最近ご無沙汰していたMIDIでの曲作りをしつつ OURSOUNDS で声を掛けてもらっている 裕次郎さん と連絡を取り合ってました。


 裕次郎さん・・・僕よりも先輩のベーシストです。
 ドラマーが脱退したのかな?
 で、声を掛けてくれました。
 オリジナル曲を演っているとの事で音源も聴かせていただきました。
 曲はまさに「世代」を感じる作りで、90年代の日本のポップロック的な印象を受けました。
 コチラの予定やサポートのスタンスなどを連絡し、後の事は裕次郎さんバンド内での話し合い再度連絡を取り合う事になりました。


 午後から久々に ドラ孫(久々の登場) の練習を見てました。
 やはり若いと吸収力がスゴクて上達が速いです。
 多分ですが、高校生の頃の僕がやっていた事くらいは楽勝で叩けると思います。
 練習後、迎えに来たドラママ(ドラ孫のママさん)と久しぶりに会いました。
 元気そうで・・・今でも頑張っているんだろうなぁ・・・。
 ※改めて紹介しますが・・・ドラ孫
  ドラママの娘です。
  ドラママは以前に同じ職場にいた人で、娘がドラムをやりたいという事で練習を見る事になりました。

 夕方過ぎくらいに帰宅し、駅から散歩を兼ねて遠回りして買い物をして帰宅。


 その後、Facebookの友人から連絡があり、明日都内でインプロセッションやる事になりました(ドラムがドタキャンしたらしいです)。
 アメリカ人のギタリストで、友人のベーシスト(アメリカ人)も連れてくるらしいです。
 ちなみにプロの人ではないです。
 外国の人と音を出すのは名古屋以来で楽しみです。


 何だろ・・・連休に入って音楽やってばかり。
 明日はスティックだけ持ってゆきます。

↑ コレは普段持ち歩いている機材です。
 丸いのはスネアで下にツインペダルが入ってます。
 カートに載せて運んでいますが、移動って色々不便で体力も使います。
 右のリュックにはスティックやスプラッシュ・スタンドほかが入っています。
 正直しんどいです(^-^;
 でも気に入った機材で演奏したいので持ち出します。
 しかし明日はスティックだけ持ち出してツインペダルはレンタルします・・・ツライもん・・・・。

なんちゃってCB900AS の出音

↑ コイツ・・・先日 CB90FのシャフトにCB900ASH(ビーターヘッド)を取り付けた ”なんちゃってCB900ASです。


 昨日の夜、kunio さんから練習の様子の動画リンクが届きました。
 動画についてはメンバー限定のリンクなので一般に公開はしていませんので、ココで紹介はできません・・・悪しからず。
 ※録画している事に全く気付きませんでした(^-^;
 

 練習風景のキャプチャです。
  
 で、件のビーターのこのカメラ位置に聴こえる出音がチェックできました。
 kunioさんに感謝です。


 やはりドラマー側とフロント側で聴こえる音が大きく違っていて、思った以上に残響のある音でした。


 「ドーン」とか「ボーン」て感じに聴こえます。
 一つ思う所は、最近バスドラムをオープンショットで叩く事が多いからだと。
 ブレイク前とかキメの部分ではクローズドで踏みますが、ツインペダルを使い始めてからオープンで踏む癖がついているからです。
 オープンショット:ビーターがヘッドに当たった後、ペダルを抑え込まないでビーターが自由になる踏み方です。
  クローズドショット:オープンショットの逆で、ビーターを打面に押さえつける踏み方です。
 
 昨日も書きましたが、このビーターは打面に触れる面積が小さいです。
 打面に触れる面積が小さいと残響音を抑えるのが難しくなります。
 打楽器の大太鼓を叩いてすぐに押さえた時、指で押さえるより掌で押さえた方が効果が大きいのと一緒です。
 他のビーター(特にフェルトビーター)と同じように音を抑えるのであれば相当な力で踏まなければならないでしょう。
 
 ただ、殆どのバスドラムは内側にミュート用のスポンジや毛布が入っていますので、ドラム環境というのも影響があるでしょう。
 
 また、踏んだ感触も違っていて樹脂ならではの踏み心地です。
 表現は難しいです・・・今まで経験した事のない感触です。
 それと、Pearl の DB150との比較で、シャフトからビーターヘッドの打面までの距離が10mm(樹脂の厚さ分)遠く(前側)になります。
 その分ペダルの踏み込みが浅くなるのでペダルの調整が必要になります。
 今後のビーター交換を視野に入れれば、ペダルは弄らずに踏み心地に慣れるのも手かも知れません。
 
・・・そういう所に気づいた昨日の練習でした。
   改めて kunioさんに感謝です。